玄米の秘められたパワー

玄米が持つ栄養素は40種類以上。さらに注目される"ファイトケミカル"(様々な病気の源とされる活性酸素を取り除き、私たちの身体を健康に保ってくれる栄養素)も多く含まれています。私たちが太古から食してきた玄米は多くの秘められたパワーを持っています。

稲穂の写真

女性に嬉しい玄米の栄養素

特に女性に嬉しいのは、食物繊維・ビタミン・ミネラルではないでしょうか。食物繊維はお通じを促し、ビタミンB群は糖質の代謝アップ・肌や粘膜の保護をしてくれます。カルシウム、マグネシウムといったミネラルも豊富です。

ビタミンB1
炭水化物(糖質)をエネルギーに変える時に必要な栄養素。神経や脳、筋肉に栄養を送り、正常な機能をサポートします。
ビタミンB6
たんぱく質の代謝に必要不可欠。これにより皮膚や粘膜が健康に保たれ、美肌にもよいとされます。
γ- オリザノール
ポリフェノールの一種。生活習慣病予防・改善・自律神経の調整などの作用。シミ・しわの予防にもなります。
食物繊維(不溶性)
大腸内で発酵・分解され腸内環境を整えます。
フィチン酸
排毒排出・抗酸化・抗がん作用、老化遅延効果も注目されています。
ギャバ
脳や脊髄に働き興奮を抑え、リラックスをもたらしてくれます。血圧安定作用も。
フェルラ酸
抗酸化作用がある。脳神経保護作用があり認知症の予防・改善が期待されます。

焙煎で玄米がパワーアップ

玄米の米ぬか層にあるフィチン酸は、摂取すると体内の有害物質も排出しますが、同時に体に必要なミネラルも排出してしまうという欠点があります。ところが、玄米を焙煎することで、フィチン酸は、体に必要な栄養分である亜鉛やマグネシウムなどのミネラルとは結合せず有害な物質だけを排出するように変化するという研究結果も出ているそうです。

焙煎で玄米がパワーアップ

ページの先頭へ